シフトノブと車買取の金額との関係

シフトノブと車買取の金額との関係

車の運転をする時には、シフトノブは要所です。日本にある多くの車は右ハンドルタイプですので、左手でシフトノブを操作している方々が多いかと思います。

 

ところでシフトノブの状態は、車の買取金額とは関係あるそうなのです。そもそも車査定では、車の「状態」が見られますね。車の一部が破損していないか否かや、臭いなども見られるのですが。その破損の一例として、シフトノブも見られるそうなのです。

 

例えばノブの傷の有無は見られます。傷が付いていますと、買取金額が下がってしまう傾向がありますね。もちろん擦り傷の有無なども見られる事になります。

 

一般的には、MT車のノブなどは少し破損が生じやすいと言われています。AT車に比べると、そこに触れる機会が多いからです。

 

そしてシフトノブに対する傷は、査定金額にはかなり大きな影響があるそうなのです。そこに対して傷が付いていると、査定金額は比較的大きく下がると言われています。

 

車の外装などの場合は、そうとも言えませんね。コンパウンドで直せるようなこすり傷であれば、それほど金額には影響が及ばないケースが多いです。しかしシフトノブに対する傷の場合は、かなり影響があるのだそうです。
クラウンロイヤル 買取

 

ちなみに車査定での傷は、外装よりも内装の方が見られる事が多いと言われています。シフトノブもその一例と言えるでしょう。
このためシフトノブによる査定金額のダウンを回避するためには、普段からの取り扱いが大事だと思います。極力そのノブを「丁寧に」操作するように心がけておいた方が、買い取り金額もダウンしづらいと思います。
ただしノブに傷が付いていても、修理はしない方が良いでしょう。修理代の方が高くかかる事が多いので、傷は付いてもそのまま査定に依頼する方が良いと思います。